風俗エステの基本

基本的にエステという業種には韓国式や性感マッサージなど様々な名称があるが、
一般的には女性からマッサージをしてもらい、最後にハンドマッサージで射精するという流れである。
しかしエステという看板を掲げながら、何やらあやしげなことをやっているお店は探せばけっこうあるもの。
ある日、セクキャバやピンサロなどの看板が立ち並ぶ雑居ビルの中に妖しげなエステの看板を発見。
今回遊んだお店はこちらです。
店の前にいる客引きのおじさんに話を聞くと「スペシャルあるで」と教えてもらったので、意を決して突入。
スペシャルの値段は相場に比べるとかなり安く、実際に追加料金なしで遊べたので、ある意味優良店なのかも。
個室の部屋に通され、しばらく待つこと数分。ぽっちゃりだけどそこそこ可愛い子が登場しました。
年齢を聞くと23歳とのこと。シャワーはなかったのですが、
ゴムなしの生フェラをしてくれました。その後は念願のスペシャルに突入。
残念ながら生ではありませんでしたね。

制服フェチ待望の風俗店が登場

AVなどではおなじみのプレイ“ぶっかけ”。
汁男優さんたちが濃厚な精子をきれいな女優さんの顔や体に大量に浴びせかけるアレのことである。
この“ぶっかけ”という行為は昔は“顔射”と同意味語で使われていたが、最近では多人数の男優が女優さんに立て続けに発射するものをぶっかけとして定義し顔射とは別物として扱われている。
風俗においては顔射オプションとぶっかけオプションとの違いはあいまいな部分もあり、お店によって定義が変わる。
一般的にぶっかけは顔を含めて体のどこでも精子をかけられる行為で、顔射は顔面オンリーと考えられる。
さて、そんな“ぶっかけ”であるが、なんと制服を着た女の子の制服にぶっかけられるというイメクラがあるのだ。
服にかけるとクリーニング代などがかかるため、嫌がるお店も多いのだが、このお店では制服へのぶっかけを推奨しているという。まさに制服フェチには夢のようなお店なのだ。